やきとり家 すみれ 品川店

050-2019-1414 クーポン WEBで予約

2017/11/01にオープンした品川店は品川駅徒歩3分で、総席数66席!2009年創業の大山どり専門焼き鳥店。現在93店舗展開中で、1000万人を超えるお客様にご愛顧頂いております。

ニュース

大山どり専門店すみれが贈る贅沢焼き鳥丼の作り方!



トリッキー



今回は、焼き鳥専門店であるすみれ流の焼き鳥丼についてご紹介していきたいと思います。
本記事では、焼き鳥の「串外し」問題について言及した後、すみれ自慢の大山どりを用いた焼き鳥丼の作り方をご紹介していきます。


焼き鳥の「串外し」はマナー違反か?


2017年に20歳以上の男女を対象として行われた調査の結果によると、串から外して食べる人は、男性の内26%、女性の内37.5%でした。
実際には、串から外さずに食べる人の方が多いようですが、自由回答の結果から、「周囲の目が気になる」「口の周りが汚れる」「食べにくい」と感じていらっしゃる方も多いことがわかります。

焼き師側からすると、「一本一本丁寧に刺している」とか、「串から外さない方が美味しい」という思いで、串外しに反対されるお店も多いようです。
しかし、やきとり家すみれでは、「串外し」はマナー違反であるとは考えておりません。
すみれは、お客様の笑顔を第一に考えております。
そして、この理念にそぐわないマナーは、必要ないと考えております。


どうやって焼き鳥を串から外すのか?


焼き鳥を串から外す際、箸を使うと勢い余ってお皿をひっくり返してしまった。
そんな経験はありませんか?
すみれでは、そのような問題を解決するため、「トリッキー」という串外し専用フォークをご用意しております。

トリッキーの使い方
1.やわらかめのお肉の時は、串をゆっくり後ろに引き抜きます。かためのお肉は、串を回しながら一つ一つ丁寧に取り外します。
2.トリッキーをそのままお肉に刺してフォークとしてもお召し上がり頂けます。
※注意:トリッキーを動かしてしまうと、お肉が飛んでいってしまう場合がございます。


お店で簡単、贅沢焼き鳥丼の作り方


オリジナル焼き鳥丼
すみれは、焼き鳥丼というメニューをディナー(ランチでのご提供あり)では提供しておりません。
それは、お客様に自分だけの焼き鳥丼を楽しんで頂きたいからです。
一方で、メニューには「すみれのやきとり専用ご飯」をご用意致しております。
「すみれのやきとり専用ご飯」(298円)とは、やきとりのタレをかけたご飯にきざみ海苔とねぎを乗せた、焼き鳥をより美味しく召し上がって頂くためのご飯です。
日本有数の銘柄鶏である大山どりを使用した28種類の焼き鳥串、ねぎやアボカドなどの野菜串、うずらの卵などの変わり串の中から、お好みの串をお選び頂けます。
トリッキーを使い、串を外し、「すみれのやきとり専用ご飯」の上に乗せるだけ。
上質な鶏肉を使いプロの焼き師が焼き上げたすみれの焼き鳥。
自分だけの焼き鳥丼を作ってみてはいかがですか?


まとめ


今回は、「串外し」に関するすみれの見解、串外し専用フォーク「トリッキー」、オリジナル焼き鳥丼の作り方について述べてきました。
自慢の焼き鳥を笑顔で召し上がって頂きたい。
皆様のご来店をお待ちしております。